🌻🍉🍧 夏の暑さ対策おすすめグッズ Check

ハグベアーの口コミ・評判!ママパパの代わりに優しく支えます

当ページのリンクには広告が含まれています。

「誰か手伝って…」と叫びたいぐらい、小さいお子さんをお風呂に入れるのって大変ですよね。

ハグベアーは、ママパパの代わりに赤ちゃんを支えてくれるベビーバス用品です。カラダを洗うときや、浴槽の中でも使えるので、ワンオペお風呂にぴったりですよ。

今回は口コミや評判をもとに、ハグベアーのメリットやデメリットを紹介します。

子どもって、ちょっと見てない隙に起きる事故が怖いんです!湯船で音もせず、溺れることもあり得る話なんです!(わが家でもお風呂の転倒事故を経験してます)

ちょっとでも安心できるグッズがあることで、お風呂のワンオペも心強いですよ。

目次

ハグベアーって何者?

画像引用:楽天市場

ハグベアーは、ワンオペお風呂の救世主です。人気のエアラブを取り扱っている「Poled」から販売されていますよ🐻

商品名ハグベアー
対象年齢生後6か月~24か月頃
特徴お風呂での転落防止・ワンオペグッズ
サイズ360×510×490~580mm
重量2.2kg
販売元Poled
価格(税込)16,800円

ハグベアーのメリット

  • お風呂での危険からお子さんを守る
  • 2人同時に入れるときに役立つ
  • 仮置きできるシャワーホルダー
  • 高さは成長に合わせて調整できる

お風呂での危険からお子さんを守る

私は転倒が怖いので、お風呂に入れるときは自分のカラダを洗いません。パパが長男をお風呂に入れてくれた際、浴槽で滑って溺れたときがあったからです。

そんな危険から「ハグベアー」は、お子さんを守ってくれます!必ず転倒しないわけではありませんが、あるのとないのではママパパの安心感が違いますよね。

2人同時に入れるときに役立つ

2人のお子さんを一緒にお風呂に入れる、ママパパさんもいらっしゃいますよね。

2人同時にカラダを洗うことができないので、片方はハグベアーで固定して待たせてあげると安心感がありますよ。

さささっと洗ってしまいがちなので、ちょっとでも余裕ができるとうれしいですね。

仮置きできるシャワーホルダー

ハグベアーには、仮置きできるシャワーホルダーが付いています。ちょっとしたことですが、使う位置に置けるので子どもとのお風呂も快適になりますよ。

高さは成長に合わせて調整できる

ハグベアーの対象年齢は、生後6か月~24か月頃までです。高さは、お子さんの身長に合わせて5段階調整できますよ。

画像引用:楽天市場

ハグベアーのデメリット

  • お子さんによっては嫌がりそう
  • 正直なところ価格は安くない

お子さんによっては嫌がりそう

ハグベアーで固定されるのを嫌がるお子さんもいます。嫌がりそうな場合は、子どもの手が届くところにおもちゃなどを手に持たせてあげるといいかもしれません。

正直なところ価格は安くない

正直、ハグベアーは高い!永遠に使うわけではないので、もう少し安いとママパパも嬉しいですね。

ですが、「欲しいけど、高いから…」という意見があるので、使わなくなったらメルカリに出すと売れそうです!実際にメルカリでも購入している方もいらっしゃいました。

ハグベアーがおすすめな人!

  • 心配性な人
  • ワンオペお風呂
  • お子さんを座らせては洗いにくい
  • ベビーバスは使えない年齢になった
  • よく動き回るお子さん
  • ママやパパや腰痛持ち
  • 快適にお風呂時間を過ごしたい人

上記に当てはまるママやパパさんは、ぜひチェックしてみてくださいね。

ハグベアーはワンオペお風呂の味方!

今回は、ハグベアーについてメリットやデメリットを紹介しました。ハグベアーは小さいお子さんを1人でお風呂に入れる際、ママやパパの味方になってくれるアイテムです。

誰かお風呂手伝って〜〜〜〜!

ハグベアー

ハグベアーが、ママの代わりにお子さん支えますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次